SSブログ

4番通りの横で [Stitches of jotting]

通学路というか、まさに「平野の夜景」などの舞台をズバリ描いたのがこの曲。卒業した直後に2回ほど行って以来、中学校にはとんとご無沙汰。自宅から20分も歩けば着く筈なのに、用が無ければ母校というのは行かないものであります。ふるさとは近くにありても思うもの。
(作品番号50、1990年)

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

東ニュータウン丘の上の学舎の唄 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。