SSブログ

舞台表・舞台裏 [Stitches of jotting]

高校時代から最近に至るまで、演劇がらみの知人がしばしば居まして。で、劇団の稽古や団員どうしの関係の厳しさなどを出しつつも、演劇に携わる方々を励ます詞を書こうと考えていたものですが、平行作業で手直しをしていた『ACTOR』のほうに「励まし」の部分が行ってしまって、結局こちらには「ぼやき」だけが残ってしまったような感じ。
作った当初は演劇批判とも受けとめられかねない雰囲気の詞になり、自分で言うのもなんだけど、歌っていてあまり気持ちのいい作品ではなかったんですけど、でもよくよく考えてみれば、裏方って大事ですよねえ。
いま従事している仕事も、いわば社会の裏方。ということで、今となればたいそう気に入っている作品のひとつ。軽妙なアレンジにしたのも良かったんだと思います。

(作品番号225、1997年)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

そしてこの夏…さよなら、さよなら ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。