SSブログ

ニセコドリームトリップ [Stitches of jotting]

『森の灯』『雨のキャンプ場』『NORTHEAST PORTRAIT』に続く学校の旅行系の作品だけど、これは修学旅行ではなくて高校の宿泊研修。『運河のまち』はまさに小樽。『川のせせらぎ』は今は無き富士観光ホテルの裏を流れる小川。『雲の中の頂へ』はニセコアンヌプリ(晴れていれば宿泊研修の一環として登れる程度。冬はしばしば遭難事故あり)。『ファイヤーストーム』はわかりやすいキャンプファイヤーの話。「高原Ⅱ」は、ルスツ高原(当時は「ルスツリゾート」ではなかった筈)周辺のポートレートであるのですが、なぜⅡなのかは次の次のエントリ、『洞爺小伝説』で。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Summer Beach/ビーチ・シーン [Stitches of jotting]

この2つの曲はもともと1つで、A=サンバ(Summer Beach)とB=スローバラード(ビーチ・シーン)によるA-B-A形式の作品だったのですが、後年、別に3部形式にしなくてもよかろうと思い、2つの曲に分割した次第。
曲先で提供、『光よ!あなたは』に始まる、響堂橋くんとのコラボ作品の最終作…になる筈でしたが、詞を頂くことなくフェードアウト、後年に曲分割後、こちらで歌詞もつけることにして現在に至るというもの。まあ考えてみれば、別箇の曲にするのがやはり自然だったかと。

こういった形で3部構成曲の分割を図ったものは意外にも他にはなく。『光よ!あなたは』も『森の灯』も1つのJ-Pop曲に落とし込んだし。ちなみにオブリガートを分割して別の曲にしたのは『ことばの国で』→『恋のコンチェルト』くらい…3枚おろしみたい。

(作品番号76・77、1991年)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

サーモンピンクの空 [Stitches of jotting]

というわけで、いわゆる夕方絡みの曲の集大成。コーラルピンクでもフラミンゴ色でもないところが絶妙な選択かと。曲調もそれまでにないフュージョン系。
(作品番号74、1992年)

nice!(0)  コメント(0) 

時への願い [Stitches of jotting]

未練というか、振り返りというか、そういう系列の作品の1つ。曲自体は即興に近いかもしれません。わりとあっさり。

(作品番号73、1991年)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

夕日のかけら [Stitches of jotting]

他愛無くあどけない、純朴系の曲。こういうシンプルな曲は好きですねえ。いわゆる通学路系の作品ではあります。近年はラブソングにばかり走ってしまっていていけませんな。

(作品番号72、1991年)

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。