SSブログ

半年後の写真 [Stitches of jotting]

中学校を卒業してから半年、卒業前の写真をいろいろ見直しつつ、様々な思い出のもとに書いた作品。…どんどん歳を経るにつれて、のちに『ディケイド』を作った際に感じた10年は、その当時に感じた数ヶ月の経過と体感的にはそう違いなく、まだ充分に長い期間であったに違いなく。

(作品番号100、1991年)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

商店街の夕方 [Stitches of jotting]

しばしば舞台となった商店街シリーズというか夕方シリーズもこれでおしまい、題名も直球。今後、暫くは題材のバリエーションが広がります。

(作品番号97、1991年)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

雲と雷雨 [Stitches of jotting]

またも即興曲というか、ラプソディ的というか、そんな作品。この時期はそういったものに惹かれていたのでしょうが、思い入れが深いかというと…。やはり、熟考を重ねて作っていく曲のほうが性に合うのかもしれず。この時期はインストゥルメンタルが続きます。

(作品番号96、1991年)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

天人の滝 [Stitches of jotting]

天人峡温泉というのが旭川近くにありまして、これは観光地系の作品。自分で作った割には結構難解な曲になってしまいました。やはりわかりやすい曲か、あるいはラプソディ的な曲か、どちらかに振ったほうがよいのかもしれず。暫くはこんな雰囲気のものが続きます。

(作品番号95、1991年)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

竹取伝説 [Stitches of jotting]

全般には、『緑の沢』に始まる一連の、7~8分程度のコンクールでの演奏をイメージした吹奏楽曲でして、『鶴の恩返し』に続く日本昔話第2弾。曲調もやや即興的だったり、擬音(前作は流石に鶴をつれてくるわけにいかなかったけど、今回は竹そのもの)もふんだんに入れていたり、やはり前作の弟のような作品。
(作品番号94、1991年)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。